その都市伝説を殺せ 第二章

sonotoshidensetuwokorose.hatenadiary.com □八話 薄暮の寂しげな夕陽が、人気の少なくなった校舎を包み込んでいる。時折響く部活動の物音や声だけが、生徒の存在を確認させた。ただ、そうした喧噪すらも段々と消えていくので、学校が眠りつつあるようだと和義は思った。